2010年11月26日

メールで「よろしくお願いします」

英語でのメールのやり取りで、最後に「よろしくお願いします」と付け加えたいのですが、英語ではどのように表現すればよいのでしょうか?

最も簡単な「よろしくお願いします」の表現は
"Thank you."
です。
特に、相手に何かお願いをするときの「よろしくお願いします」の英語表現として重宝します。
相手に依頼する前に感謝の意を表したい場合は
"Thank you in advance."
でもいいでしょう。

あるいは、初めてメールする相手に「今後ともよろしくお願い申し上げます」というニュアンスで使える英語表現は
"Let's keep in touch."
です。

日本語で「よろしくお願いします」という表現はさまざまな場面でへりくだって相手に敬意を表すために使えるオールマイティな表現です。
しかし、基本的に英語ではこのようなオールマイティな表現はなく、相手に何を頼みたいのか、その内容に対して具体的に感謝の意を表現するほうが多いです。

ちょっとお時間よろしいですか?

「ちょっとお時間いただけますか?」
「少しお時間よろしいでしょうか?」
など、会社の上司などに対して、婉曲的に話を切り出すときの英語表現です。

このシチュエーションで最適な英語表現は

Do you have a minute?
Can I talk to you for a moment?
Is this a good time for you to talk?

などです。

ご自由にお取りください

旅行に行ったときのお菓子のお土産を休憩室に置いておくときなどのシチュエーションで使う英語表現ですね。
「ご自由にお食べ下さい」
「ご自由にどうぞ」
などという表現でも同じだと思います。

この英語表現は

Help yourself.

が最もシンプルです。